静岡新聞掲載 - おすすめ本
夜行
夜行

編/森見登美彦
出版社/小学館

金額:1,400円(税別)
ISBN:978-4-09-386456-5



全国の書店員が選んだいちばん売りたい本、「2017年本屋大賞」に本書がノミネートされました。 テレビ、新聞、雑誌ほか50以上のメディアで絶賛紹介された、森見登美彦氏10年目の集大成となる作品です。 「夜の明ける気がしないね」 10年前、闇に吸い込まれるように消えた彼女のことを、僕たちは忘れることができかなった。導かれるように集まった5人の仲間は、 ぽつりぽつりと奇妙な旅の思い出を語り始める。尾道、奥飛騨、津軽、天竜峡、そして鞍馬。そこにはいつも、謎の連作絵画「夜行」があった。 夜行とは、夜行列車の夜行なのか、百鬼夜行の夜行なのか。そして旅の終わりに僕が見たものは――。 ぜひともご賞味ください。


完全版寝たまま肩甲骨はがし
完全版 寝たまま肩甲骨はがし

編/たんだあつこ
出版社/主婦の友社

金額:600円(税別)
ISBN:978-4-07-420647-6



「デスクワークが多くて、肩こりがひどい」「スマホの見過ぎで、猫背気味」「冷え症や便秘に悩まされている」などの症状は、肩甲骨まわりの「筋膜」が癒着して、筋肉がガチガチに固まっている人に多くみられるという。この張り付いた「筋膜」の縮みやゆがみが、体の不調につながっていると著者は説明している。 寝たままゴロゴロして体をさまざまに動かしたり、ポーズを取ったりすることで、肩甲骨まわりに張り付いた筋膜を穏やかにはがす「肩甲骨はがし」。体中の筋膜の引っ張り合いが解消され、血行やリンパの流れがスムーズになり、全身の痛みやこりが和らぐ。「こんなに簡単だったの」と驚くほどで、高齢者も安心して行うことができる。


俳句・短歌・川柳と共に味わう 猫の国語辞典
俳句・短歌・川柳と共に味わう
猫の国語辞典

編/佛渕健悟・小暮正子
出版社/三省堂

金額:1,500円(税別)
ISBN:978-4-385-36067-6



猫好きにはたまらない本。猫の素晴らしさを言葉で堪能できる。こんなにたくさんの作家が、こんなに猫を愛していたなんて! 猫に関する多彩な言葉と、猫の句ばかり2400も集めた本格的かつ前代未聞の「猫の国語辞典」。ほんわかする句、ドキッとする句、考えさせる句、実にバラエティー豊か。一茶や芭蕉や漱石や子規や山頭火や橋本多佳子…。今まであまりよく知らなかった作家たちが、グッと身近な存在に。コーヒータイムにパラパラめくって好きな句を探すのも楽しい。猫好きな人に教えてあげるだけでも喜ばれそう。プレゼントすればきっと喜ばれる。表紙は室生犀星の愛猫ジイノちゃん。火鉢にあたる姿がなんとも愛らしい。


クローバーナイト
クローバーナイト

著/辻村深月
出版社/光文社

金額:1,400円(税別)
ISBN:978-4-334-91130-0



35歳の鶴峯裕(つるみねゆう)は同い年の妻・志保(しほ)、保育園に通う5歳の娘・莉枝未(りえみ)、2歳の息子・琉大(りゅうだい)の4人家族。端から見れば順風満帆の鶴峯家にも、育児にまつわる難題は次から次へと押し寄せる。ママ友の不倫疑惑、熾烈な保活、過酷なお受験、驚愕のお誕生会、そして――。
家族の幸せを守るべく、新米騎士(ナイト)が右往左往しながら奮闘中! 人気女性誌「VERY」連載時から話題沸騰の[イケダン]小説がついに単行本に。育児は大変? 育児は楽しい? 直木賞作家・辻村深月が贈る、子育て世代への高らかなエール!


バックナンバー
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月

編集/アットエス  Copyright (C) The Shizuoka Shimbun. All rights reserved.