静岡新聞掲載 - おすすめ本
さよなら、田中さん
さよなら、田中さん

著/鈴木るりか
出版社/小学館

金額:1,200円(税別)
ISBN:978-4-09-386484-8



この秋デビューした出版界騒然の新人作家。その名は、鈴木るりか。2003年生まれの中学2年生。あさのあつこ氏、石田衣良氏、西原理恵子氏らの作家から大絶賛を受けています。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている小学6年の田中花実が主人公。花実とお母さんを中心とした日常の出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。全5編収録の連作短編集。14歳のみずみずしい感性と、大人も舌を巻く筆力です。各メディアで話題沸騰のこのデビュー作は、刊行後すぐに大増刷! 是非、この新しい才能を感じてください!!


古布を着る。
古布を着る。

著/堀内春美 村松みち子
出版社/主婦の友社

金額:1,680円(税別)
ISBN:978-4-07-425113-1



著者は富士宮市在住の女性作家ユニット。全国の骨董市を巡って収集した、襤褸(らんる)と呼ばれる一点ものの古布を材料に手作りする服、バッグ、帽子、ストールなどが人気を呼んでいる。着物や野良着、半纏(はんてん)、蚊帳、米袋、酒袋など、昔の人たちが生活の中で慈しんで繕いながら使い続けてきた布地の縫い跡は、美しい意匠のよう。古布の魅力を最大限活かした作品には、他にはない希少性とパワーがある。手仕事のぬくもりや、主に紺(藍染め)とブラウン(柿渋染め)が中心の洗練された二人のセンスも人の心を引きつける。自分にぴったりのこだわりの一着を探している人、必見。


バックナンバー
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

編集/アットエス  Copyright (C) The Shizuoka Shimbun. All rights reserved.